泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › ひなあられ
2016-03-03 (Thu) 11:40

ひなあられ

今日は、お雛まつり~。
いくつになっても、女の子は御自身の為に
たくさん祝って、身体を労いましょう。
今の時期しか食べられない「桜餅」「道明寺」などの
和菓子は、いかがでしょうか。

そして、お雛様につきものの「ひなあられ」
関東、関西のひなあられは、違うみたいですね。
以前、関西の友人から初めて「ひなあられ」を
もらった時、直径1cmくらいのまんまるなあられに
驚いたことを覚えています。
これはこれで、とっても美味しくて好きです。

自分がお馴染みのひなあられは、お米をそのままの形で
お米を「ボン!」と爆発させて膨らませ、
お砂糖で甘く味付け、食紅でピンクや緑にしたものです。
他の呼び名は「ぽん菓子」とも言われてますね。

自分の地域での呼び方は、「ぱかん」
これで通じたりします。
口に出して言うと、ニュアンスがなんとなく伝わるかと…。

自分が幼い時、近所にこれをしてくれるおうちがありまして、
お米を持って行ったら、作ってくれました。
仕上がったぽん菓子は、凄い量で食べても食べても
なくならないという、今思えば「贅沢」なことでした。

自分とお雛まつりは、小さい頃から全くと無縁なもので、
真っ先に連想するのが、この「ぽん菓子」(ぱかん)です。

今朝、新聞のチラシにケーキ屋さんの広告があり、
「ひなケーキ」「雛祭り」のお菓子がずらっと…。
年に一度ですから、贅沢してもいいかなと思いましたが、
このお店に行くのに、片道一時間以上…往復二時間。
行くだけで疲れそう…。
こういうことで断念してしまいます。

今日は、スーパーへお買い物へ行く予定なので、
桜餅を買う予定です。
今、とっても甘いものを身体が欲しているのが
わかります、疲れているのかしら。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント