泣いても笑っても

難病の父を介護しつつ、自治会の区長をやってます。

Top Page › 日常生活 › 自分にも…
2016-04-19 (Tue) 07:57

自分にも…

どうしても、手離せない物がひとつだけあります。
それは、もう25年近くなりますか、全20巻のコミック本。
実家を離れる時も、これだけは一緒でした。
今も、この漫画を読むたび、心が奮えるくらい感動して
いつも泣いちゃうんですよ。
もう数えきれない程、読んでいるのに…。

設定は、戦国舞台なので、幸せな時は長く続かない、
だけど、ほんのひと時でも訪れたなら、
その一瞬一瞬を大事に過ごす主人公。

これが丁寧に書かれてあって、時代に翻弄されながらも
懸命に生きる姿に、いつも勇気をもらっていました。

やりきれない思いをした時、悔しくて仕方なかった時、
心が折れてしまった時…とか、とにかく負の感情を
コントロール出来そうもない時、この漫画を読むと、
励まされ、自分が思っている感情なんて、20巻
読み終えるまでにすっかり落ち着いて、
大丈夫大丈夫!と言えたりします。

この漫画に出逢ったのは、歯医者さん。
そこに、少年誌が置いてあって、パラパラと
読み流していたら、ん? 連載でしたから、
途中から読みだして、以前の展開がまったくと
わからないにも関わらず、もう歯医者さんから
帰宅途中、書店に寄って一巻から買ったのは
いうまでもなく…。
そして、最初の一巻から、もう号泣。
一巻だけで、心を鷲掴みにされ虜になりましたっけ。
それからというもの、この連載が終わるまで、
毎週、少年誌を買い続けました。

今でも、愛読しているから、カバーをかけているけれど、
それでも、くたびれ度が半端ないです、はい。

今、これも「支え」のひとつになっています。
いくつになっても「好きなもの」は好きだと素直に
言える自分でいたいのです。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント