泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 十中八九
2016-06-07 (Tue) 13:44

十中八九

自分は、普通の日に
道の駅のフードコートにいるので、
ご年配の方と知り合うことが多く、
数回も会うと、自分の姿を見かけると、
あちらから声もかけてくれたりしてくれます。
お互い、名前なんて知りませんし、
名乗りもしませんが、でも、
顔を会わせると、挨拶したりして。

その時の格好は、もちろん
迷彩パンツにタクティカルブーツ…。

こういう、たまたま知りあった
おじいちゃん、おばあちゃんからは、
自分がどこに勤めなのか、
勝手に話が展開してくれます。

それで、十中八九…、

「福祉関係の仕事?」
「介護の仕事されているのか?」

聞かれます。
なぜ、そう思うのか?
なぜ、このふたつなのか?
他に職業あるでしょうに。

ご年配のお話は、にこにこして
聞きますけど、それだけで?

確かに、見兼ねて何度かお買い物を
手伝ったりすることはありましたけど、
そんなことで?

とりあえず、不思議な出来事だなと…、
でも、このことを知人に話したら、
妙に納得のいく返事が…。

「そりゃ、アンタ、
 ガダいがデカいからでしょう。
 年配の方を抱っこして、
 ベッドからとか、車椅子に
 移動させたりするイメージが
 あるんじゃないの?」

・・・だそうです。

自分、そんなガタいがデカいですか?
確かに骨格は骨太で、痩せてもさほど
細くは見えませんわねぇ…。
だからと言って、そう「タフ」でもなし、
うーん、見かけだけは「タフ」に
見えるのかな。

うちの父と変わらない年齢のおじいちゃん、
おばあちゃんと話したり、接するのは
全然平気で、突然、話かけられても
それも大丈夫だったりはしますけど、
でも、自分の見た目の職種が
「福祉、介護」なのか、よくわかりません。
何をどう思われて、この答えなのか…、
確かに、父の介護はしていますけどね。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント