泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › にせ茶碗蒸しうどん
2016-06-13 (Mon) 06:58

にせ茶碗蒸しうどん

これも超簡単。
風邪をひいた時なんか、喉にもお腹にも
とっても優しいのでいかがでしょうか。

用意するものは、

・うどん一玉(茹で)
・市販のめんつゆ
・たまご

茶碗蒸しって、下準備とか、蒸したら、
”す”が入ったりといろいろと面倒と
思われそうですけど、御自身が食べるとか、
美味しければ、それでよしということなら、
下準備にほとんど時間をかけずに出来ます。

どんぶりに玉子一個割り入れて、
そこに麺つゆを入れて、がーっと混ぜ、
市販の茹でうどん、さっと湯がいて、
そのどんぶり(耐熱器)に入れます。

めんつゆは、ストレートの場合と
薄めて使うものがあるかと、そこは、加減して下さい。
量は、だいたいうどんが浸る程度。
市販の麺つゆ、大活躍。

玉子の大きさと茶碗蒸しの硬さも好みがあるかと
思いますけど、玉子を二個使うと固め、
一個だとゆるゆるな茶碗蒸しになりますが、
口当たりはいいんですよ。

それを「蒸し器」なんていうと、面倒になってくるので、
「鍋」にお湯を張り、そこに「どんぶり」をいれて、
蓋を絞めて、だいたい10分程度、火にかけます。

その器を取り出す時が、一番危険なので、
そこは、くれぐれも気をつけて下さい。

蒸し上がった直後、どんぶりに素手で
触っちゃいけません、激熱になっていますから。

その器をそのまま「食卓」に置いてもダメです。
テーブルが痛みます。
敷物の上に置いて下さい。
うちでは、器を乗せる為のトレーを利用してます。
御自身て食べる場合は、熱いのはわかってますから
いいのですけれど、どなたかに食べてもらう場合、
一言添えて下さい。
「絶対に器に触らないように」とお願いします。
父にも「アツアツだから、器に触っちゃダメ!」と
トレー(お盆)ごと、目の前に出しています。

自分は、暑くなればなるほど、
「熱い食べ物」が食べたくなります。
先日…、おひとり鍋で「キムチ鍋」を食べまくり。
もう鍋にこれでもかと、キムチを投入して、
さらに、七味とうがらしを入れまくり、
胃が熱いって感じ、大汗をかいてました。

しめは、「パスタ」
三分で茹であがるっていう、マカロニ? あれです。
ざらざらと投入して、待つ事3分ちょっと…
ひとりで盛り上がっておりました。

これからの時期、暑いので台所に立ちたくない自分。
極力、時間を短くしたいですし、
なんと言っても、料理に興味ないっていうのが、
一番の問題かも…。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

* by ゆりりん
アン様
あはは、究極の時短ですね。
でもこれは良いかもしれません。三つ葉など散らして、かまぼこも入れたら、それなりに美しくなりそう。
また、試してみます。
ワンプレートの記事も参考になりました。百均で見てみようかな。

* by アン
***************************************
ゆりりんさん
わぁ、三つ葉にかまぼこですか~、豪華です。
でも、それらを入れても、ひとり一食
百円にもならないかも。
何せ、茹でうどん一玉と玉子ですし、今の時期、
麺つゆが余ってたりして、冷蔵庫に入ってそうですから。
麺つゆは、自分にとっては万能”調味料”です。
味の濃さも調節出来るのもいいですね。
自分の茶碗蒸しの作り方だったので、
こちらでお話するのも…と思ったんですけど、
省くところは、とことん省いて、細かいことは
置いといて、美味しく食べる!!
自分が食べるのですから、
見た目もそれなりでもいいのです。
風邪をひいた時なんて、喉越しがとてもよくて、
もし、ご高齢の方に「うどん茶碗蒸し」を
出されるのでしたら、うどんは、前もって
細かく切っておかれるといいです。
そしたら、スプーン(れんげ)一本で食べられますから。
父には、いつもそうしています。
今の百均には、さまざまな食器がいろいろとあるので、
驚いちゃいます~。
ワンプレートに、醤油や調味料も一緒に乗せられるので
とってもいいです。
以前は、小皿で出していたんですけが、どうしても
ふいにこぼすこともあったりして、その都度、
小皿を用意して…ここで、自分、”面倒”とだと思い、
ワンプレートにしたのです。
おかずをたとえこぼしても、プレートの上ですし、
汚れません。
8年前には、自分、こんなこと、思いも付かなかったです。
だけど、手間を省くことで、介護する側、される側に
合理性が出て、いいように思えます。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

アン様
あはは、究極の時短ですね。
でもこれは良いかもしれません。三つ葉など散らして、かまぼこも入れたら、それなりに美しくなりそう。
また、試してみます。
ワンプレートの記事も参考になりました。百均で見てみようかな。
2016-06-13-10:05ゆりりん [ 返信 * 編集 ]

***************************************
ゆりりんさん
わぁ、三つ葉にかまぼこですか~、豪華です。
でも、それらを入れても、ひとり一食
百円にもならないかも。
何せ、茹でうどん一玉と玉子ですし、今の時期、
麺つゆが余ってたりして、冷蔵庫に入ってそうですから。
麺つゆは、自分にとっては万能”調味料”です。
味の濃さも調節出来るのもいいですね。
自分の茶碗蒸しの作り方だったので、
こちらでお話するのも…と思ったんですけど、
省くところは、とことん省いて、細かいことは
置いといて、美味しく食べる!!
自分が食べるのですから、
見た目もそれなりでもいいのです。
風邪をひいた時なんて、喉越しがとてもよくて、
もし、ご高齢の方に「うどん茶碗蒸し」を
出されるのでしたら、うどんは、前もって
細かく切っておかれるといいです。
そしたら、スプーン(れんげ)一本で食べられますから。
父には、いつもそうしています。
今の百均には、さまざまな食器がいろいろとあるので、
驚いちゃいます~。
ワンプレートに、醤油や調味料も一緒に乗せられるので
とってもいいです。
以前は、小皿で出していたんですけが、どうしても
ふいにこぼすこともあったりして、その都度、
小皿を用意して…ここで、自分、”面倒”とだと思い、
ワンプレートにしたのです。
おかずをたとえこぼしても、プレートの上ですし、
汚れません。
8年前には、自分、こんなこと、思いも付かなかったです。
だけど、手間を省くことで、介護する側、される側に
合理性が出て、いいように思えます。
2016-06-13-14:23 アン [ 返信 * 編集 ]