泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 豹変
2016-08-16 (Tue) 22:58

豹変

お盆もおしまいなので、早朝から母のお墓掃除に
行きました。
母のお墓があるのは、もう地元密着型の墓地。
だから、水道はないし、花を供えたら、
自分で片付けなくてはいけないという場所なのです。

お墓に供えた花も、夕立ちとかによって
もうぐすぐずになっている気がして、お盆が
終わったらすぐに片付けようと思ってました。

歩いて15分のところに墓地があり、
早朝、気持ちのいい朝でしたら、歩いて行きました。

墓地に行く途中、知り合いのおじいさんに会ったので、
「おはようございます」と挨拶したら、いきなり
「誰だ、おまえ」
「あの、○○の娘ですけど?」
「そんなもん知らん! とっとと行け!!」
怒鳴られてしまいました。

…え? 何、そんな怖い顔して睨むことないでしょう?
なんで、どうして? 

このおじいさん(80歳近く)とは、うちの父が
親しくしている方で以前は、よくうちに
おじいさんが作ったお野菜とかを持ってきて
下さって、自分ともすっかり顔馴染。

3か月前には、自分が
「おじさんの畑の隅にあるブルーベリーの木を
 少し分けて欲しいんですけど…いい?」なんて話をしたら、
「好きなだけ持っていけばいいよ」なんて、
優しく返事をしてくれていたのに。

おじいさんの豹変ぶりに、怖くなってしまい、
帰りは、そのおうちの前を通るのが嫌で、わざわざ
遠回りをして帰って来ました。
こんなことなら、車で行けば良かった…と帰ってきて
つくづく思いました。

だけど、どうして急に…、何かお嫌なことがあったのか、
ただ、自分を認知していないことが違和感を感じました。
もしかして、認知症になられた? 
早朝から、こっちがただ挨拶しただけなのに怒鳴られて、
今年のお盆、最後にこれですか…。

気持ちのいい早朝なんてあったものじゃない。
1日中、憂鬱で、疲労感だけが残った一日。

自分、何か悪い事しましたか?

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント