泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 春と睡魔と介護と…
2017-04-13 (Thu) 06:53

春と睡魔と介護と…

暖かくなるのはいいけれど、強烈な睡魔に
襲われ、それに頑張って贖ってみるのですけど、
それでも眠って仕方がないのです。

睡眠時間が一日四時間って少ないかな。
次から次へとやることが増え、いろいろと
やっていて気が付いたら、もう十二時ちょっと
過ぎなんてザラな今日この頃。

それから寝ても、今の時期はすでに夜明けが早いので
ゆっくりまったりと寝ていられないったら。
介護って睡眠時間との闘いでもあるなぁとつくづく
思ってしまいます。

十分に寝ていないとちょっとしたささいなことで
「苛々」しちゃうし、抑えられなくて困っちゃいます~
って、いや、無理やりにでも押え込みますけど。

睡魔は困っちゃいますね、ほんと。
こればっかりは、寝だめが出来ないし、
どうしても我慢出来ないものがありますね。

でも、自分の時間を作ろうと思ったら、
やっぱり睡眠時間を削るしかないわけで、
それに、いつお呼びがかかるかわからないから、
常に浅く寝ていて、思いっきり「寝た!!」って
感じがないのです。

しかも、見る夢が「現実の延長」っぽいものばかり。
夢の中まで父の世話をしているし、自治会で
書類作りをするのだけど、ぜんぜん出来なくて
焦ってたりしたり、おまけになぜか「学生」の時、
宿題の提出が出来なくて、教師に頭を竹刀で
叩かれたり、もう散々…、目が覚めた時、もうグッタリ。
なんで今頃、三十年以上も前のことを夢に見るのか、
自分でもわからないけれど、頭か心のどっかで
「くすぶって」いることだけは確か。

せめて夢ぐらい「気持ちいい」とか「美味しい」とか
「好きなこと」とか…、目が覚めて、とにかく
気分がいい、爽快な夢が見たいものです。

ああ、一日中、何もせずただぼーっと
横になって休んでいられることがどれだけ
羨ましい事か~~。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント