泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 予告もなしに…
2017-05-29 (Mon) 07:28

予告もなしに…

今日も草むしり~と鎌を手にせっせとしていたら、
ん? 何か光った気がしたような…?

次の瞬間、凄い轟音が乾いた空気を割くように鳴り、
もう驚いてしまい、固まっていました、鎌もって…。

わーーーーーっ!!
慌てて家の中に飛び込みました。
その直後、ザーーーーっとバケツをひっくり返したような
雨が降り出しました。
さっきまで晴れていたのに…、なんなの?
いや、水やりをしなくて済みましたけど、ただ…です。

雷の鳴るような空でも、そんな雰囲気が微塵もなかったのに…、
怖いったら、いや、何がって…
えっと、草むしりしていた場所は、
周りに高い建物があるわけでもなく、あるとしたら自分だけ。
しかも、手に鎌もって…、自分が避雷針です。

雷は、もう未だに「苦手」のひとつ。
以前、話したような気もしますが…小さい頃、近所に
とても大きな杉の木があり、それに雷が落ちて、
家が揺れ、家電製品全滅、杉の木は無残な姿になり、
それはそれは怖かったことが記憶に残っていて、
それから雷が怖くって、ちょっとでも雷が鳴ると
泣きそうになっています。
(他のことでは泣かないのですけど)

相変わらず、早朝の草むしりは続いていますが、
そろそろ「全身筋肉痛」で、朝、起き上がる時、
固まっています。

毎日の草むしりもあと畳三畳分…って、どれだけの
スペースだったんだと思われそうですけど、
いえ、猫ちゃんの額ですって、田舎では。

だけど、予告なしの雷だけは勘弁して下さいっ。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント