泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › C、C、C、C、C…。
2017-06-20 (Tue) 16:23

C、C、C、C、C…。

「C2、C3、C0…」
もの凄く早口で自分の歯の状態を素早く
看護師さんに伝えていく先生。

Cぐらいは、わかる…。

そう、虫歯だってこと、さらに言うなら、その後の
数字で、どのくらいの虫歯なのかってことも…。

ああ、自分、どれだけ虫歯あるんだろ、やだなぁ。

「今、しっかり治しておかないと、
 歯がなくなりますよ」

えぇ、わかってますとも、身に染みてますとも。

《怒られはしなかったけれど、
 やっぱり言うじゃんかーっ!・アン心の声》

いやいや、そんなことはいいのです。
とにかく、このズキンズキン走る痛みをどうにかして~。

「では、早速始めます」

いきなり麻酔から。
麻酔注射のチクリなんて可愛いものです。
だって、今の痛みはもうそれどころじゃないんですもの。
少しして、口の感覚がおかしい、あっ、麻酔効いてる~、
今の痛みが少しだけ軽減したような…。

もう抜歯しかないと思っていたら、リューターで
歯をキュインキュインと削られ始め、時折、
ズキッとくる、さらに振動も…

あれ? 麻酔がそんなに効いてない? ズキン!!

この程度、我慢できる、うん、出来るっ。
もう涙目になってました。

しかーーし、神経に触られた時、頭のてっぺんまで
「ガツーーン」と何かが突き抜けるような痛みが走り、
さすがに

「あぅっ」
   「あがっ」
「うがーっ」
           「〇※×△~~っ!!」

そんなこんなで、なんとか神経をの抜き終わり。

あのね、虫歯がひどすぎる、骨の厚みなどで、
「麻酔」が効きにくい人がいるそうです。
自分、それでした。

そう言えば、以前の歯医者さんは麻酔を三本ぐらい
打ってましたっけ。
医院から出た時、口が閉じてるかすらわからない状態でした。

帰宅して、まだ違和感があるけれど、
ここ2、3日のズキンズキンと、口を開けて空気を
吸い込んだだけで痛かったので、治療のおかげで、
やっと落ち着きました。
今夜は、ぐっすりと眠れそうです。

しばらく通院しなければならないので、このお話を
別カテゴリーでお話していきたいなと思っていますので、
ついでに「目を通して」頂けたなら、幸いです。

今度は、いつまで通院が続くのかしら、はぁ。

読んだだけで、なんとなく歯がうずうずしちゃったら
ごめんなさい。

通院初診
診療費 2,800円
診察時間 約30分

追伸

電話受付けしてくれた女の子がわかりました。
会ってみると、嫌な感じはしなかったので、
しばらく通院してみることに…。

ネットで評判通りの医院なのか、まだよくわからず…。
こればっかりは、先生との相性もあるし…。
う~んう~んっ。
でも、前の先生の方が、腕は良かった気が…。

・・・

虫歯は進行度によってC0~C4に分類されます。

C0はエナメル質の表面が溶け始めているけど、
穴の開いていない状態。表面が白濁してみえます。

C1はエナメル質だけが虫歯になっている状態。
(ここで治療しておくと、一回程度の診療で済みます)

C2は象牙質まで虫歯が進んでいる状態。
 歯髄にまでは達していません。

C3は歯髄まで虫歯が進んでいる状態。

C4は歯の頭の部分が崩壊して残根になっている状態。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント