泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › パジャマを着て…
2017-07-20 (Thu) 09:42

パジャマを着て…

横になって眠れることがどんなに贅沢な
ことでしょう……って、また睡眠の話?

以前にも話しましたが、介護していると、
どうしてもすぐに行動を起こさないといけないので、
パジャマを着て寝ていることが出来ません。
普段着のまま、横になっていることも多いのです。
自分は、横着者かもしれません。

パジャマに着替えて寝ると、もう心身ともに
完全に「睡眠態勢」になってしまって、
多少の事では、起きない気がするのです。
そして、呼び出しには、間に合わないでしょう。

あぁ、もう何年以上、パジャマ着て寝てないかな…
ジーパン、迷彩パンツを履いたまま、布団にも入らず、
廊下で座布団をひいて、寝ることもしょっちゅう。
逆に布団に入ると落ち着かなかったりして。

でも、普段から普段着なので、何かあった時、
ほんと、そのまんまで外に出られますから。
自分は、この方がいいのかもしれません。

今、考えているのが、タフで動くのも楽々で、
汚れてもいい、洗うのが簡単、着替えが
ラクチンな簡易服(清涼服)「アッパッパ」です。

どなたにでも簡単に安くも手縫いでも作れて
「介護する側用」のエプロンを
兼ねたものが出来ないかなと…。
もちろん「いかにも介護服っぽいもの!!」でなく、
あくまでもアッパッパです。

生地の色、模様は横に置いといて、外せないのは、、
綿100%であることです。

「綿100%」で、1メートル100円ってものもあります。
5メートル購入して、バイアス、ミシン糸、あるいは、手縫い糸を
購入したとしても、うまく裁断すれば2枚作れます。

なんとか出来ないかなと、いろいろと試案中です。

誤解をなさらないでください。
自分は、言葉足らずかもしれませんが、決して
介護=汚れるということではなく、あったら便利かも?
という程度です。

この時期、暑いですから、少しでも快適に出来たらと
思っています。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント