泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 思わず苦笑い
2017-11-13 (Mon) 13:47

思わず苦笑い

先日、地区のあるおばちゃんに自治会の事で
個人的にちょこっと(ほんとに些細な)お世話になり、
御礼に、靴下3足(タグには、ぽかぽか温かソックス)を
渡したのです。

その時…

「ありがとうございました。
 これ…手伝って下さったほんの御礼です。
 良かったら、使って下さい」

そのおばちゃん、その場で袋の中身を見て、
先制パンチ~

「色といい、柄と言い、
 センス悪いわね~ウンネン…ごにょごにょ」
「ごめんなさい。
 どういうのがお好みがわからなくて…」

突っ返されるかもと思ったら、

「せっかくだから、貰ってあげるわ
 (上からの物の言い方)
 気に入らないけど」

なんだ~、
「要らない」って言うわけじゃないんだ…。

お礼の言葉もなし…。

まぁ、もともと、そういう方なんです。
なんだかんだと文句は言うわ…
ハッキリいって、付き合いづらいったらない…
でも、付き合い方がわかればどうってこと
ない相手ですから。

どこの地域にもおひとりやお二人、
「偏屈」な方はいらっしゃいます。

自治会の役員ともなると、付き合わないと
言うわけにはいかないので、そんな方とも
渡り合ってたりして…さらに「タフ」に
なってたりして。

中には、怒鳴り散らす方もいて、
そういう時は、ひたすら下手に出ます。
こちらに全くと非がなくとも、
さらに頭も下げます、自分は。
相手の気が収まればいいんですから。

頭を下げる事なんて、ぜんぜん平気です。
こんな頭だったら、いくらでも。
そんなことは、置いといて…


昨日、自治会の集まりが公民館であり、
基本、畳の部屋では、靴下です。

先日、自分が靴下をお渡ししたおばちゃんも
来られていて、しっかり、自分が贈った
靴下を履かれているでありませんか…。

《気に入らないって言ってられたのに…》

集会も終わり、真っ先に
自分は、すぐにその部屋から出て、
他の方と廊下の机で、書類の整理していたら、
おばちゃん達の歓談が筒抜け。

「あら~、いい靴下、履いてられるわね~」
「いいでしょう、若い子に貰ったのよ」

《あ、あのおばちゃんの声だ…》

「いいセンスしてるし、色柄も素敵でしょ、
 履き心地もいいし、それに温かいのよ~」

ですって…、その話に思わず、苦笑い。

確か、センスが悪いとか、好みじゃないとか…
散々、言ってなかったっけ~?

自慢げに話すおばちゃんに、心の中で

《気に入って使って頂いてありがとうございます》

ヘンな笑いがこみ上げてきちゃいました。

そうそう、素直になれないというか、
天邪鬼の人って、絶対に「損」してるって…。
初めて、この方とあった人は、絶対に「誤解」を
招きますってば…。

自分は、7年以上、何かとこのおばちゃんと
会うこともあり、気性は把握済みですから、
とにかく、ご自身が上にいないと気が済まない…。

だけど、自分からしたら

・・・あんた何様? …って思うんですけど。

自分、些細なことで気分を害したくないので、
その場が収まるのなら、相手を天狗にさせて
気持ちよく過ごして頂きましょう精神。

自治会の役員に加わってからは、食えない相手に
まぁ、精神的にも、鍛えられたことだけは確かです。

何をしてあげても、どうしても、
「御礼」を言わない人は、絶対に言いませんから。
一切期待しちゃいけません。

相手を変えようったって、無駄。
付き合い方を見極めて、柔軟にするのが、
もっともストレスが溜まらないかと…。

ただ、頭の中にハザードランプが点滅したら、
距離を置くか、付き合わない方が無難です。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

* by しろうさ
アンさん こんにちは~~!
 もう、ガッツポーズだよね!
 素直にありがとうって,言ったら
 みんな 気持ちよく過ごせるのにね!
 練習が必要でしょうか?
 はい、「ありがとう~」
 アンさん お疲れさま!
 うさちゃんは お元気?
 冬毛は はえたかな?

* by アン
***************************************
しろうささん
相手によっては、言ったり、
言わなかったりするようですよ。
ご自身よりも上と判断した相手には、
へこへことしているようですし…。
自分と言えば、「言わなくていい部類」の方
だったようです。
こんなこと、今になって始まったこと
じゃありません。
一番身近な方が、絶対に言わないですし、
だからかな、免疫が出来ています。
ほんと、しろうささんのおっしゃる通り、
たった一言…
「ありがとう」「ごめんなさい」
これだけで、潤滑するんですけど…
難しいものです。
うっさは、冬毛のおかげで、
もうもっこんもっこんになってまして、
自分にさらに「おちりもみもみ攻撃」されて、
ものすごく怪訝な顔してたりして…。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

アンさん こんにちは~~!
 もう、ガッツポーズだよね!
 素直にありがとうって,言ったら
 みんな 気持ちよく過ごせるのにね!
 練習が必要でしょうか?
 はい、「ありがとう~」
 アンさん お疲れさま!
 うさちゃんは お元気?
 冬毛は はえたかな?
2017-11-14-10:31 しろうさ [ 返信 * 編集 ]

***************************************
しろうささん
相手によっては、言ったり、
言わなかったりするようですよ。
ご自身よりも上と判断した相手には、
へこへことしているようですし…。
自分と言えば、「言わなくていい部類」の方
だったようです。
こんなこと、今になって始まったこと
じゃありません。
一番身近な方が、絶対に言わないですし、
だからかな、免疫が出来ています。
ほんと、しろうささんのおっしゃる通り、
たった一言…
「ありがとう」「ごめんなさい」
これだけで、潤滑するんですけど…
難しいものです。
うっさは、冬毛のおかげで、
もうもっこんもっこんになってまして、
自分にさらに「おちりもみもみ攻撃」されて、
ものすごく怪訝な顔してたりして…。
2017-11-14-12:30 アン [ 返信 * 編集 ]