泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 今度は、あんパン
2017-12-05 (Tue) 11:46

今度は、あんパン

あんパンは、餡子がメインですけど、
自分が足しげく通っているパン屋さんの
あんパンが絶品…。

何がいいって、あんパンの中に
生クリームがこれでもかっ!ってくらい
入っているので、ぱくりと噛みつくと、
もう、口の端からにょ~んと
出てくる出てくる。

餡子とクリームのバランスが超絶妙!
これ、最初、少し敬遠してたんですよ、
実は…。

餡と生クリーム…クリームあんみつとか、
あるから、相性は悪くないのは
わかってたんですが、あんパンは、
餡子100%がいい~~って思ってたのに。

試しに買って食べたら、ド・ハマりして
しまい、さっき…3個も食べちゃった。

あぁぁぁ、カロリーがカロリーがぁ!!

まっ、他は贅沢してないんだから、
せめて、あんパンは食べさせて~と
身体に言い聞かしている自分。

冬の旬と言えば、「里芋」もそのひとつ。
あっちからこっちからとおすそ分けが多く、
さて、どう料理しましょ。

里芋の「揚げないコロッケ」は、どうでしょ。
簡単、コロッケよりカロリー低め、
焼くだけ。

・薄揚げ
・里芋
・塩、コショウ

里芋をゆでて、マッシュにします。
塩、コショウで味付け。
コショウを効かせた方がおいしいです。

薄揚げに、マッシュした里芋を詰めます、
パンパンではなく、コロッケのように
少し薄めにします。

さて、口をどう止めるのか、パスタ?
いえいえ、これは、茹でるわけではないので、
つまようじ…いえいえ、そんなこと無駄。

えっ? 

マッシュの里芋の中に、薄揚げの口をぐいっと
中へ押し込みましょ。
なんという…、見た目もへったくれもなし。

あとは、油をひかずにフランパンで
ジューっと焼くだけ。
あっ、オーブントースターでもいいです。
中身は、既に火が通ってますから。
薄揚げに、焦げ目がついたら出来上がり。

中は、里芋なので、もちもち感は抜群です。

最後にかけるのは、お好みで。
ソースでも、醤油でも、めんつゆでも
なんでも大丈夫。

里芋だけだと物足りないという場合、
総菜の「ひじき煮」を入れたりと
とにかく「火」が通っていれば、
なんでも混ぜちゃうのもおっけ~です。

実は、これ、ご近所のご年配の方に
既にお裾分けしちゃいました。
評判は良かったですよ。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント