泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 介護の事になると
2017-12-09 (Sat) 22:52

介護の事になると

身内でも他人。
それが兄弟でも…。

しかし、相続(お金)になると、一番介護から
遠い人物が一番しゃしゃり出ることになってます。

生前贈与しても、のど元過ぎるとなんとやらで、
まだ貰えると思ってたりして…。

お通夜葬儀なんてそっちのけで、生々しい展開が
始まってて…。
さらに、葬儀の代金が誰が持つのかとか…。

施設などに入っておられたご家族がなくなると、
「通帳」だけ引き取って、あとは、適当に
どうぞって言う話もあったりして。

だから、結論と言えば、「お金」を残していくと
後々、面倒なことになるってこと。
だから、今までこつこつと貯めていて、
最後まで贅沢もせず…こういう高齢の方が
おられるのでは?

まっ、自分は、最初からありませんから
関係ないのですけど。

ただ…いつも思うんです、お金はなくとも、
ひとりでも頼りになる身内が欲しかった…。

一番の末っ子が、全部の尻ぬぐいをするって
どうなのかと…。
ここで言っちゃいますが、キャッシングし過ぎで
首が回らず、泣きついて来た誰かさん。
身内が不倫の挙句、慰謝料請求されて、払えなくて
末っ子に泣きついてきたくせに…

介護のことになると、もう「知らん顔」

そんなこと終わったことだ! 
身内が金を出すと、こうなるわけで、
お金を借りたくせに、態度がデカいってどうなの?

だから、自分は、関わり合いたくない身内。
口を開けば、お金絡みのトラブル。
一切、返す気なんてさらさらない。

介護に知らん顔でも、
身内に「頼り」になる方がひとり欲しかったです。

どいつもこいつも、お金を借りるときだけ必死。
借りたら、「もらったもの」

それに、一番側にいて、介護していても、
自分より、外にいる身内がいいという父。
借金も、まして不倫の清算までさせる身内。

父が一番嫌っていることで、自分が尻ぬぐい。
もちろん、父は、そんなことは知りませんから。

だから、身内にひとりでも、助けてくれる
どなたたがおられるのなら幸せだと思わないと…。

自分は、いませんから。

最後は、身内が「実家」を売って、それを
全部懐に入れられて、
おまえは、どっか行けってことになりそうだ…。

でも、「墓守」は、絶対にしないって。

父の前では、生活が苦しんだけど…と言って、
いい歳して、お小遣いをせびるくせして…。

みんな年を重ねるのに、行きつくところは
一緒なのに、よくもまぁ、そんなことが
平気で言える身内…。

自分が一番「まとも」な気がしますけど。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント