泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 目の周りが…
2018-02-27 (Tue) 17:01

目の周りが…

父の顔を見るたび、痛そう…と思いつつも、
つい、ぷっぷっっと笑ってしまいます。
あっ、別に異常なかったからですよ。
だって、パンダですよ、パンダ。

本物のはパンダは、めちゃめちゃ可愛い。
でも、父は可愛くない。

う~ん、この様子だと、しばらく誰にも会わない方が
いいみたいです。
だって、心配されるか、驚かれるでしょうから。

さてさて、父のことは一段落として…自分です。
自分のことは、すべて後回し状態は、
相変わらずではありますが、これ以上、
片付け、断捨離を滞らせるわけにはいかないと、
もう今朝から、ドタバタ。

父が割ったふすまのガラスは、自分で
ホームセンターへ行ってアクリル板を購入して、
はめ込みました、これで割れることもなし。
縁側のアルミガラスの交換…高いんですよ、もう…。
諭吉さんがひらひらと飛んでいきましたよ、えぇ。

肋骨を庇いつつ、アチコチ片付け始めて、
ただただ断捨離が気持ちいいったら。
片付けしてスペースが開いていくのが嬉しくって。
要らないいものを一時的にダンボールへ突っ込み、
そこが片付いたら、別の場所へ持って行って分別。

昨日、病院から帰宅したら、すぐに断捨離開始して、
今朝、ゴミ4袋を出してきました。
それからも、せっせと今まで「ロス」してきた分、
徹底的にぽいぽいぽいです。

シリアスなことを書いちゃうかも…なんて
思ってたんですが、片付けしていたら、
気持ちがスッキリし始めて、やめやめ!!

書かないだけで、いろんなことはありますよ、
でも、それを本気になって書く時って、
自分のメンタルがぶっ壊れる寸前ですから。

それに、たくさんの方が介護をなさり、
自分と似た境遇の方もいらっしゃると思ったら、
やっぱり勇気が出ます。
自分だけじゃない、もっと大変な方もおられるのだから。

明日は明日で、いままで「おさぼり」していた分、
取り返す予定です。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

* by ken
アンさん、こんにちは。
お父様、大事に至らずよかったです。
アンさんのお怪我中、大変でしたね。
断捨離をして気分もスッキリされてるようなので、少し安心しているところです。
私も経験あるのですが、自分が怪我して、それで介護をするのは本当に気分が下がりますね。
なにやってんだこんな時に…。
自分を責めたりして。
思うように体が動かなくてイライラしたり。
たとえキャリア8年のアンさんだとて、同じかと思います。
どうか、無理なさらず、少しは楽してくださいね。
うちの母の事を心配していただきありがとうございます。
退院後、訪問リハビリで少しずつではありますが、回復傾向だったんですが、
実は、持病の腰痛が再発し、1日中、椅子の生活に戻ってしまいました。
夜中のトイレが大変で…。
もう、親子でガッカリです。
そんな時は、アンさんをはじめ、介護されている方を思いだし、なんとかやれているところです。
春ですし、なんか良いことがあることを信じて。
今日1日が無事に過ぎることを信じて。
アンさんも、お怪我のほう油断なさらず、養生なさってください。

* by アン
***************************************
kenさん
おはようございます。
今朝の天気は、大荒れで、凄い暴風雨です。
そちらは、どうでしょうか、お気を付けて
お過ごしください。
父は、自業自得ですから…と言いつつも、
1ヵ月後、落ちた経過を診るたびにMRIの再検査です。
…にしても、なぜ、そんな行動に出たのか、
未だに、だんまりです、全く…って感じです。
ありがとうございます。
自分の肋骨のヒビも、自業自得といいますか、
不注意の結果ですから。
でも、ずいぶんよくなった気がします、はい。
おなかに巻いていたさらしの効果抜群で、
あったかいし、腰痛もフォローしてくれてたみたいです。
部屋がきれいになっていくのと同時に、
気持ちがスッキリして、嫌な事すら
片付けられた気がして…。
面白いもので、気持ちが荒れていると、やっぱり
散らかっていることに「慣れ」てしまい、
さらに気持ちがダウンしちゃいますから。
自分を責めるのはしょっちゅうですけれど、
でも、ズルズルといつまでも引きずらないように
しています。
だって、解決策はないですし…。

Kenさんも、ご自身を責めたりなさらないように
して下さいませ…、誰のせいでも、まして、
ご自身のせいでもないのですから。
冬将軍から解放されて、やっと雪かきをしていた時間が
出来ましたので、愛しいおコタに入って、あれこれと
やっています。
お母様のこと、お尋ねして、ご気分を損なわれたのでは
ないでしょうか、ごめんなさい。
あれから、ずいぶん経過なさったので、良くなられて
いるのかと思ったのです。
うちの父もそうんなのですが、ご高齢の場合は、
その日がよくても、次の日に具合が悪くなることも
あったりして、なかなか気が抜けないことも多く、
本人以上に気を使ってあげないといけませんね。
Kenさんも十分に気をつけておられるかと思いますが、
椅子に座りっぱなしだと、「エコノミー症候群」に
ご注意下さい。
足のうっ血、むくみなどが起こりうるので…。
ひとつお勧めがあるのですけれど、
お母様がお休みになられる前、
10分程度、「足湯」をお勧め致します。
足の血行もよくなりますし、腰も温まります。
うちの父は、最初は、ひどく嫌がって、
絶対にやらない!!と頑張ってましたが、今では、
足湯専用バケツ(980円・密林にて)を見るだけで、
とりあえず不自由な「足」を出してくれます。
そうそう、お伝えしたかったことがあるのです…、
お母様の口癖…、素晴らしいですね、
「暖かくなったらきっと良いことある」
ほんと、少しだけ暖かくなっただけで、気分が
違います! …こっちは、まだ5度未満ですけど。
雪の中に閉じ込められて、空を見れば鉛色、
さらにマイナス気温…これでは、気分が滅入ります。
もっとあったかくなったら、自分の怪我もすっかり
治って、また「買い食い」に走ることかと…、
あっ、そうそう、Kenさんのところの「桜餅」と言えば
もち米のつぶつぶ「道明寺」でしょうか?
こちらでは、薄いピンク色の皮でこしあんが包んで
あるやつです、自分、こっちが好きです。
Kenさん、お母様が苦手でなければ、
桜餅なんていかがでしょうか。
一足早く、「口とおなかに春~」です。
ご遠慮なく、いろいろとお話に来て下さいね。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

アンさん、こんにちは。
お父様、大事に至らずよかったです。
アンさんのお怪我中、大変でしたね。
断捨離をして気分もスッキリされてるようなので、少し安心しているところです。
私も経験あるのですが、自分が怪我して、それで介護をするのは本当に気分が下がりますね。
なにやってんだこんな時に…。
自分を責めたりして。
思うように体が動かなくてイライラしたり。
たとえキャリア8年のアンさんだとて、同じかと思います。
どうか、無理なさらず、少しは楽してくださいね。
うちの母の事を心配していただきありがとうございます。
退院後、訪問リハビリで少しずつではありますが、回復傾向だったんですが、
実は、持病の腰痛が再発し、1日中、椅子の生活に戻ってしまいました。
夜中のトイレが大変で…。
もう、親子でガッカリです。
そんな時は、アンさんをはじめ、介護されている方を思いだし、なんとかやれているところです。
春ですし、なんか良いことがあることを信じて。
今日1日が無事に過ぎることを信じて。
アンさんも、お怪我のほう油断なさらず、養生なさってください。
2018-02-28-23:28 ken [ 返信 * 編集 ]

***************************************
kenさん
おはようございます。
今朝の天気は、大荒れで、凄い暴風雨です。
そちらは、どうでしょうか、お気を付けて
お過ごしください。
父は、自業自得ですから…と言いつつも、
1ヵ月後、落ちた経過を診るたびにMRIの再検査です。
…にしても、なぜ、そんな行動に出たのか、
未だに、だんまりです、全く…って感じです。
ありがとうございます。
自分の肋骨のヒビも、自業自得といいますか、
不注意の結果ですから。
でも、ずいぶんよくなった気がします、はい。
おなかに巻いていたさらしの効果抜群で、
あったかいし、腰痛もフォローしてくれてたみたいです。
部屋がきれいになっていくのと同時に、
気持ちがスッキリして、嫌な事すら
片付けられた気がして…。
面白いもので、気持ちが荒れていると、やっぱり
散らかっていることに「慣れ」てしまい、
さらに気持ちがダウンしちゃいますから。
自分を責めるのはしょっちゅうですけれど、
でも、ズルズルといつまでも引きずらないように
しています。
だって、解決策はないですし…。

Kenさんも、ご自身を責めたりなさらないように
して下さいませ…、誰のせいでも、まして、
ご自身のせいでもないのですから。
冬将軍から解放されて、やっと雪かきをしていた時間が
出来ましたので、愛しいおコタに入って、あれこれと
やっています。
お母様のこと、お尋ねして、ご気分を損なわれたのでは
ないでしょうか、ごめんなさい。
あれから、ずいぶん経過なさったので、良くなられて
いるのかと思ったのです。
うちの父もそうんなのですが、ご高齢の場合は、
その日がよくても、次の日に具合が悪くなることも
あったりして、なかなか気が抜けないことも多く、
本人以上に気を使ってあげないといけませんね。
Kenさんも十分に気をつけておられるかと思いますが、
椅子に座りっぱなしだと、「エコノミー症候群」に
ご注意下さい。
足のうっ血、むくみなどが起こりうるので…。
ひとつお勧めがあるのですけれど、
お母様がお休みになられる前、
10分程度、「足湯」をお勧め致します。
足の血行もよくなりますし、腰も温まります。
うちの父は、最初は、ひどく嫌がって、
絶対にやらない!!と頑張ってましたが、今では、
足湯専用バケツ(980円・密林にて)を見るだけで、
とりあえず不自由な「足」を出してくれます。
そうそう、お伝えしたかったことがあるのです…、
お母様の口癖…、素晴らしいですね、
「暖かくなったらきっと良いことある」
ほんと、少しだけ暖かくなっただけで、気分が
違います! …こっちは、まだ5度未満ですけど。
雪の中に閉じ込められて、空を見れば鉛色、
さらにマイナス気温…これでは、気分が滅入ります。
もっとあったかくなったら、自分の怪我もすっかり
治って、また「買い食い」に走ることかと…、
あっ、そうそう、Kenさんのところの「桜餅」と言えば
もち米のつぶつぶ「道明寺」でしょうか?
こちらでは、薄いピンク色の皮でこしあんが包んで
あるやつです、自分、こっちが好きです。
Kenさん、お母様が苦手でなければ、
桜餅なんていかがでしょうか。
一足早く、「口とおなかに春~」です。
ご遠慮なく、いろいろとお話に来て下さいね。
2018-03-01-07:17 アン [ 返信 * 編集 ]