泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › やったことに対して…
2018-03-06 (Tue) 07:38

やったことに対して…

父がガラスを割ったこと、汁物を
横になって食べようとして、ぶちまけたこと、
まぁ、次から次へやらかすことがありますが、
自分、淡々とその場を処理します。

処理しているとき、ガミガミ言ったり、
責めたり、怒ったり、こっちが不機嫌でやると、
ますます「意固地一直線」になって、
さらにやったりと…ほんと、子どもと一緒。

さらに、何かあって、かーーっとなった時、
後から、あの時のことを蒸し返さない、
くどくど言わない方がいいみたいです。

介護、まだ八年目にして、ちょっとだけ
わかったことです。

だって、横になってラーメン食べたら、
どうなるか…子供でもわかるって…。
電動ベッドだって言ってるのに、こっちを
試そうとして、わざとやってるんじゃないかと
思うときがあります。

それに対して、怒ってたり、イライラしていたりすると、
自分が悪い事している気がして、自己嫌悪に陥って、
なんで、自分がこんな思いにならないといけないのか…

なんで、怒り、イライラオーラを一切出さずに、
その場をもくもくと淡々と片付けます。
そしたら、案外、その場で納まります、大概は…。
何と言っても自分も気持ちをずっと引きずらないで
済みますから。

父が何をやってもどうしても、何事もなかったのように
過ごす毎日です、自分は。
たったこれだけでも、ストレスは軽減されますし、
メンタル面もかなり鍛えられてます、

・・・どこぞの記事で

「介護が始まれば、終わりが見えない」ってありましたが、
生きていれば、いつかは、終わるんです…介護は。
何百年も生きてる人なんていませんから。

ねっ。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント