泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 面倒くさい時は…
2018-05-11 (Fri) 09:06

面倒くさい時は…

3度の食事作りは、正直、料理作りが
得意ではない自分にとっては、
超面倒だったりしますが、作らないと
ご飯が口に入らないわけで…それで、
どうしても面倒な時には、もう
シンプルに

「ごはん」と「御御御付」(お味噌汁)

ご飯は、塩むすびなり、ご飯に梅干し、
お味噌汁は…「具たくさんの汁」に
しちゃいましょう。

何の野菜だっていいんです。
とにかく、具だくさんにして、大根、
ニンジンなどは、ある程度、細かくして、
お味噌汁だけで、おなか一杯になるかも?

いくら具たくさんでも、「お出し」は
しっかりと取って下さいませ。
とりのささ身、むね肉(皮を取って)でも
美味しい出汁がてますよ。
お肉も食べられますから、難しいことなし。

昔、同僚の作ったお味噌汁が食べられないって
程ではなかったのですが、ハッキリいって
マズかったです。

何か足りないっていうか、
味気ないといいますか…。

聞きましたよ、お味噌汁の作り方を。
そしたら、返ってきた返事が

「水入れて、具入れて、味噌を入れるでしょ、
 お味噌汁の作り方、知らないの?」

・・・・・えっと、何か足りませんか?

出汁はどこに?

「出汁って、何?」

ここからですか? ちょっと待って。
恐る恐る…お母さんの作られるお味噌汁って
この味なの? と問うと…「そうよ」

      
      ・・・・・だよね。

聞いた自分が馬と鹿。

別の日のお昼に、自分が作った時があり、
自分が作る出汁の基本は「煮干し」
頭とはらわた部分を取り除いて、
出汁作りしていたら、同僚が

「なに、それ…干からびてるけど大丈夫?」

だと・・・見たことないのかしら?
そっちの方が信じられない自分。

おかげさまで、他の同僚の方には、
美味しいと好評でした。

彼女もそれを見て、恐々、口にして、
しばらくだんまりでしたね。
今は、上手に作っておられるでしょう…
わかんないけど。

話は戻って、キノコ類は「冷凍」も出来ます。
お味噌汁具用に、キャベツなど
小分けにして、冷凍しておくといいかも。

野菜の味を感じるために、お味噌を
入れすぎないようにして、美味しく頂きましょう。
このおかげで、食費も節約になってます。

今朝の父のご飯は、塩むすびと
とりのささみ、大根、里芋、ニンジン、
白菜、しめじを入れた御御御付けでした。

ご馳走様でした。

さぁ~、これから1日1個の断捨離と
片付けです。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント