泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › ますます…
2018-09-22 (Sat) 08:52

ますます…

目が離せない状態になってきた父。

…かと言って、四六時中
傍に着いていることなんて出来ません。
何も出来ないし…。

歩けないということが認識できないのか、
ベッドから降りようとするのです。

娘の言うことは、全くと聞かず、
「今度、ケガをするか、骨折したら、
 入院して、それっきりだからね!」と
 キツくいうもんなら、返事が

「早く××と思ってるんだろ!」

まだ返事だけ返ってくるだけマシかと…。

普段から、返事はないし、しつこく聞こうものなら、
意固地ぃ~になって、ますますアウト。

他人に世話をされるのも、家の中に人を
入れるのも嫌うので、結局、自分だけ。
まっ、いいんですけど。

一ヶ月、諭吉さん10人で過ごす自分。
もうかっつかつの状態で、削れるところが
全くないという…。

毎月、お給料が入ってくるのなら、まだしも…、
父の年金にパラサイトしてる自分が情けないったら。

今から、いろいろと支度しなきゃなんない
絶対に経費を計算したら、口から泡が出そうでした。
正直、ここ三年で「他人」に出した金額…
諭吉さん200人以上…、
しかも、全部「尻拭い」の類。
全部「死に金」です。
耳揃えて、返せって感じですね。

このお金は、いずれ訪れる時のための資金で、
こつこつと介護を始めてから、貯めていた分でした。

そのせいで、今、もうスッカラカン。
苦労しているわけです。

自分がどうにかなっても、手を差し伸べて
くれる人なんてひとりもいないのに…。

すべて、一からやり直しです。

雨風を凌げて、ご飯が食べられる…
それだけでも感謝しないといけませんね。

頭を切り替えなきゃ…。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント